イリスの実験室

日常を色を通して探究してみる実験室
~人生は試行錯誤・・・そして挑戦は続きます!

イリスへお問い合わせ、メールフォーム イリスのブログ、72の天使とともに、虹色の日々 【今月のボトル色もよう】…今月の意図・心のコンパスの指す方向へ 【イリスの実験室】日常を色を通して探究してみる実験室~人生は試行錯誤・・・そして挑戦は続きます!

イリスへのアクセス

兵庫県神戸市東灘区本山南町

*最寄り駅*
JR摂津本山駅(徒歩7分)
阪急岡本(徒歩13分)
阪神青木(徒歩8分)

※ご予約時に詳細をお知らせ致します。

今月のお休み

4/15〜19

お休みは月によって変わります。休日でも調整可能な場合もありますので、2日前までにお問い合わせ・ご連絡をいただきますよう、お願いいたします。

メルマガ

メールマガジン配信中
(およそ月2回)

メールアドレス

どこでもオーラソーマ

どこでもオーラソーマの詳細へリンク

最新のボトルをご紹介

最新ボトルのリンク
アザイアクトUKへリンク アザイアクトジャパンへリンク

怒りが教えてくれるもの

2015年2月2日

今月の色もよう (2015.2月) で、「内側から湧き起こるエネルギーを創造に使う」
ことを取り上げましたが、数あるイリスのネタ袋から、ひとつ実話をご紹介しましょう。

かかりつけの歯医者さんで、親しらずを治療していたときのこと。

治療のプロセスで、患者のわたしが訴える言葉に対して、歯科医は「歯を削ったから
でしょう」と、治療中の痛みにもあまり耳を傾けてはくれず、予定通り治療を終えよう
としたのですが、最終段階で、「口をすすいで終わりです」 というときには、口に水を
含めないほど痛みがひどくなっていました。
その痛みに医師は、「(治療のプロセスで)神経を刺激したからでしょう。痛みが
治まらないようなら、もう一度治療し直しましょう」 という医師。そんな彼への怒りが
こみあげてきました。怒りを表現するのが下手なので、強く言えませんでしたが・・・

「痛いって、初めから伝えてましたよね?!」 という怒りでした。(・・・言えてないけど)

怒りも痛みも収まらない帰り道、ある瞬間にふと、自分のこの怒りが生み出すかも
しれないものに氣づきました。歯科医師に怒りを向け続けることで、自分自身を
犠牲者にしてしまう可能性に氣づいたのです。

歯の痛みはまだ変わらずに残っていましたが、彼を責めるために、自分が犠牲者
になる必要はないよ、大丈夫だよ。。。と自分の身体に・細胞に語りかけました。
そして、わたしは自分のためのセルフケアを始めました。
もちろんオーラソーマのプロダクツを駆使して!

おかげさまで数日も経つと、歯の痛みは少しずつ回復の兆しがありました。

もしもあのまま、怒りを彼に向け続けたら、この痛みがさらに大きくなったのか、
それとも同じように回復していったのかはわかりません。しかし、怒りが自分への
ケアと思いやりに代わり、自分の氣持ちが楽になったのは明らかです。

病氣を表す英単語【disease】は、「ease=氣が楽 」ではない状態、くつろいで
いないこと。怒りや緊張・怖れは、くつろぎから自分を引き離してしまいます。

怒りは大きな・大切なエネルギーです。

相手を責める・謝らせるためではなく、自分自身が心地よく楽でいるために、
怒りを解放し、エネルギーを自分に戻すことができます。

そして、くつろぎにつながってみると、あの怒りの正体が見え始めます。

怒りを引き起こしたのは何だったのか?

怒りを含む様々な感情は単なる感情的側面だけでなく、視点を変えると
自分にとって大切なことを氣づかせてくれます。

わたしの怒りは「自分の訴えを聞いて!」、「受け入れてほしい」 ということ。

さらに言うなら、わたしの身体が、わたしにもっとも伝えたがっていることなのかも
しれません。現に、わたしが自分自身に触れ始めると、身体も協力してくれます。
自分の身体へのケアと協力関係は、生きる基盤を強くします。

身体のサイン、感情からのメッセージは、自分にとって大切なことを教えてくれます。

知識をたくさん蓄えたアタマより、身体とハートは、わたし自身のくつろぎと真実に
つながれることを教えてくれるのです。

IRISブログ facebook ページ先頭へ戻る