オーラソーマ®

自分を思い出したいと願う人たち…見にいらっしゃい

(オーラソーマ®の創始者ヴィッキー・ウォール女史)

イリスへお問い合わせ、メールフォーム イリスのブログ、72の天使とともに、虹色の日々 【今月のボトル色もよう】…今月の意図・心のコンパスの指す方向へ 【イリスの実験室】日常を色を通して探究してみる実験室~人生は試行錯誤・・・そして挑戦は続きます!

イリスへのアクセス

兵庫県神戸市東灘区本山南町

*最寄り駅*
JR摂津本山駅(徒歩7分)
阪急岡本(徒歩13分)
阪神青木(徒歩8分)

※ご予約時に詳細をお知らせ致します。

今月のお休み

6/15〜18

お休みは月によって変わります。
休日でも調整可能な場合もありますので、2日前までにお問い合わせ・ご連絡をいただきますよう、お願いいたします。

メルマガ

メールマガジン配信中
(およそ月2回)

メールアドレス

どこでもオーラソーマ

どこでもオーラソーマの詳細へリンク

最新のボトルをご紹介

最新ボトルのリンク
アザイアクトUKへリンク アザイアクトジャパンへリンク

オーラソーマのこと

自分を思い出したいと願う人たち…見にいらっしゃい

あなたの選ぶ色はあなた自身であり、あなたの存在の必要性を映し出します。「自分とは誰なのか」「自分の目的・役割」について考えたことがありますか。
アンパンマン・マーチも『何のために生まれて、何をして生きるのか』と歌っていますが、人はそれぞれ、目的・意図を持って生まれてくると言います。意図を思い出すこと・その意図を生きることが、人生の歓びにつながります。納得する人生を自分自身で創造するために、自分を思い出す=始まりの意図につながろうとすることは、人生という旅の重要なステップとなるでしょう。

ありのままの自分を受け入れる

誰しも、ありのままを受け入れることが難しいと感じるときがあるでしょう。受容できないのが他者であるなら、距離をおけばいいかもしれませんが、それが自分自身であるとき、自分の中で闘いが続きます。自分で自分を傷つけます。こうすべきだったのに!もっとこうだったら!自分を変えなければ!

病気を英語では【dis-ease】と言います。ease:楽・やすらぎ。dis-ease は心が・身体がやすらげない状態です。オーラソーマは様々なアプローチで、まず自分が自分にくつろいでいくことをサポートします。

ありのままの自分以外の誰かが、あなたの本質を生きることが出来るでしょうか。仮面を手放し、自分を無視することや内なる闘いをやめ、ありのままの自分へ。すべては、もう一度そこから始まります。

自分で選ぶ・自分を癒すセラピー

オーラソーマの最大の特徴は、知識や頭の理解だけでなく、自分という存在全体に働きかけていくこと。理論だけを理解できても、ゴルフは上手になりません。イクイリブリブリアム(ボトルの正式名称)の誕生当初、何がどういいのか、明らかではありませんでした。お肌にいい成分ということで、その色に惹かれた人たちが自分が選んだボトルを美容液として塗ったことから、たくさんの奇跡が生まれました。理解よりも先に、自分が惹かれたものに手を伸ばした人たちが、そのボトルの導く神秘を教えてくれました。

あなたは自分が何を必要としているかを知っています。あなたが共鳴し・選んだボトルを自分に与えていきます。ボトルからの氣づきを、一時的でなく、自分に毎日塗って浸透させていきます。次第にあなたはその氣づきを生き始めている自分に氣づくでしょう。あなたの色がその鮮明さを取り戻していきます。

あなたという存在全体のバランスとくつろぎのために、オーラソーマのすべての製品がサポートになります。これら製品には自然界のあるがままのエネルギーが含まれており、あなたの調和とやすらぎ、あなたの最善の質に働きかけます。

意識の進化の為のツール

時の経過とともに成長するものがあります。一方で、意識的に進化・成長させることのできるものがあります。オーラソーマは意識の進化のためのツールです。

Aura-Soma®…Auraは光、Somaは身体・存在・生きているエネルギーを意味します。光の身体/ライトボディ。2つの語をつなぐ「-」は、肉体を持ってこの地上を生きるわたしたちが、光につながり、より軽やかに存在し、自らを輝かせ、本来の目的を生きる可能性を表しています。

色は光です。輝くボトルに惹きつけられるとき、あなたの内側の潜在的な光があなたを呼び、あなたもあなた自身の光に触れることを求めているのです。

あなたの色を思い出し、その色と光を輝かせるとき、あなたはこの地上に光を届けるメッセンジャーとなるのです。

          

ピン!と来た方は、こちらからお進みください。

体験したい コンサルテーションを受けたい オーラソーマを学びたい
IRISブログ facebook ページ先頭へ戻る