イリスの実験室

日常を色を通して探究してみる実験室
~人生は試行錯誤・・・そして挑戦は続きます!

イリスへお問い合わせ、メールフォーム イリスのブログ、72の天使とともに、虹色の日々 【今月のボトル色もよう】…今月の意図・心のコンパスの指す方向へ 【イリスの実験室】日常を色を通して探究してみる実験室~人生は試行錯誤・・・そして挑戦は続きます!

イリスへのアクセス

兵庫県神戸市東灘区本山南町

*最寄り駅*
JR摂津本山駅(徒歩7分)
阪急岡本(徒歩13分)
阪神青木(徒歩8分)

※ご予約時に詳細をお知らせ致します。

今月のお休み

2/18~22
2/27~3/1

お休みは月によって変わります。休日でも調整可能ですが、2日前までにお問い合わせ・ご連絡をいただきますよう、お願いいたします。

メルマガ

メールマガジン配信中
(およそ月2回)

メールアドレス

どこでもオーラソーマ

どこでもオーラソーマの詳細へリンク

最新のボトルをご紹介

最新ボトルのリンク
アザイアクトUKへリンク アザイアクトジャパンへリンク

自分にOKを出してますか?

2015年9月24日

あなたは自分の価値をどんな風にとらえていますか?
自分にOKを出していますか?それとも、ダメ出しすることが多いでしょうか?

 

オーラソーマに出会うまで、自分でもほとんど氣づいてはいませんでしたが、本当に自己価値が低かったのです。自分の内側深く、無意識のどこかに無価値感を抱えていましたが・・・あの頃は、そんな自分が当たり前だったのです。

「自己価値」を別の表現で言い換えるなら、自分という存在を、自分で認め、自分でOKをだすこと。
自分にOKを出すことができず、誰かのOKが欲しくて、いつも相手に合わせてました。。。合わせたフリをしてました。

自己価値の低さに氣づいたきっかけは、オーラソーマを学び始める前のある講座で知った、シンプルな4つの文章でした。

・I’m OK. You’re OK.        私は〇、あなたも〇
・I’m OK.  You’re Not OK.     私は〇、あなたは×
・I’m Not OK.  You’re OK.     私は× 、 あなたは〇
・I’m Not OK.  You’re Not OK.   私は× 、 あなたも×

自分や他者への認識はどれなんだろう?と自分に問いかけたとき、はじめて「こんなにも自分に× を出していたのか!」と驚きました。人生のすべての前提が、「I’m Not OK.」で始まるのは 、何とも哀しいですね。でも、アタマだけでなく、口先だけでなく、どうしたら本当に自分にOKを出せるのか、 「I’m OK .」 な自分になれるのか、わからなかったのです。

そこからオーラソーマに出会い、いろいろなワークや学び・実体験、そして、たくさんの出会いを通して、「自己価値」を復活させてきました。オーラソーマを学びながら、ボトルのエネルギーを自分に与え続け、自分で自分に触れ続け、自分に関わり続けていくうちに、ふと氣づいたら、以前よりずいぶん楽になっている自分がいました。自分に・自分の人生に本当に関わり始めると、モノゴトは大きく変わってきます。

オーラソーマや色が知識や情報としてでなく、自分らしく生きるための辞書となり、知恵となり、血となり肉となり、エネルギーとなり、わたし自身となりました。

まだ 「I’m OK 100%」 ではなく、ダメ出しすることもありますが、そんな自分も受け入れられるようになってきました。これは、自分と闘うより、有るものを無かったことにしよう試みるより、自分以外の誰かになろうとするより、ずっと楽です♪

自分を受け入れられるようになると、「You’re OK.」 がもれなくついてきます。お得です!

自分を受け入れられるようになると、日々起こる出来事の捉え方や、起こることへの反応が変わります。何かハプニングが起こっても、同じ出来事に対する感じ方も体験も人それぞれです。揺らぐ人もいるし、揺らがない人もいます。出来事は単にきっかけであり、そこに反応するのは、その人の内側にあるものなのです。

「起こることに問題はない。わたしたちがどう捉えるかで問題を作り出す」 オーラソーマのマイク学長がいつも言う言葉です。

 

I’m Not OK. から、I’m OK . の両方を体験した経験者が語る、自信がないあなたへ。。。

「自信がない」「自信をつけたい」 と言いますが、何かがうまくできた結果としての自信や、人からの評価によって得た自信は、簡単に崩れ去る自信です。本物の金ではなく、金メッキといえるでしょう。自信がついたようで、実は、「次はうまくできるだろうか?」「次も認めてくれるだろうか?」と、他者にOKを求め続けます。不安を抱え込んだ見せかけの自信です。「I’m OK」を土台にした自信は、出来るかどうか・認めてもらえるかどうかでなく、自分という存在そのものに対する信頼です。 「I’m OK.」 自分で自分にOKを出す、それが本当の自信への大きな鍵なのです。

 

IRISブログ facebook ページ先頭へ戻る