イリスの実験室

日常を色を通して探究してみる実験室
~人生は試行錯誤・・・そして挑戦は続きます!

イリスへお問い合わせ、メールフォーム イリスのブログ、72の天使とともに、虹色の日々 【今月のボトル色もよう】…今月の意図・心のコンパスの指す方向へ 【イリスの実験室】日常を色を通して探究してみる実験室~人生は試行錯誤・・・そして挑戦は続きます!

イリスへのアクセス

兵庫県神戸市東灘区本山南町

*最寄り駅*
JR摂津本山駅(徒歩7分)
阪急岡本(徒歩13分)
阪神青木(徒歩8分)

※ご予約時に詳細をお知らせ致します。

今月のお休み

毎週火曜日

お休みは月によって変わります。休日でも調整可能な場合がありますので、2日前までにお問い合わせ・ご連絡をいただけると助かります。

メルマガ

メールマガジン配信中
(およそ月2回)

メールアドレス

どこでもオーラソーマ

どこでもオーラソーマの詳細へリンク

最新のボトルをご紹介

最新ボトルのリンク
アザイアクトUKへリンク アザイアクトジャパンへリンク

B102 大天使サミエル 誕生のメッセージ

2015年2月10日

B102 –大天使サミエル Archangel Samael

ディープオリーブ/デイープマジェンタ
2001年9月25日 12:00(グリニッチ標準時)誕生

大天使サミエル

大天使サミエル

 

サミエルは、大天使の中でもっとも美しい存在として描かれてきました。大天使たちの多くは六枚の翼を持っているといわれています。サミエルはメタトロンと同じように十二枚の翼をもっていると言われます。あるいは彼は、最も重要な「死の天使」としても知られ、火星に属しています。

伝統的にはタロット大あるかなカードの「塔」(The Tower)に帰属しています。しかしオーラソーマでは、塔に該当するものとして16番のボトル、ヴァイオレット/バイオレットと大天使ミカエルのイクイリブリアムボトル94番、ペールブルー/ペールイエローがあります。

サミエルの誕生は、2001年9月11日火曜日の午後、具体的な形になり始めました。

「塔」(The Tower)に帰属するのは適切であるように思われます。おそらく私たちは、新たな理解の光に照らして、すべての信念や理想を再評価する必要があるかもしれません。これこそが「塔」(The Tower)が私たちに要求していることでもあるのですから。つまりものごとを裁かずに、そのあるがままの姿で受け容れるということです。

ルドルフ・シュタイナーや他の人たちの意見によると、サミエルは、紀元前1190年から1510年にかけて大天使ガブリエルに先駆けて、地球を支配していました。彼の統治時代には、多くの支配者や指導者がその地位から引きずり降ろされました。そしてまた、サミエルは火星に属していますが、火星は、しばしば戦争と紛争を意味する惑星とみなされています。
もし私たちが、現在の火星のエネルギーの本質へ向かっていけば、さらなる覚醒への可能性も生じるかもしれません。つまりすべきことの紀律を見いだすこと、私たちが何を知るかということが、私たちの進歩のために必要となってきます。

ディープオリーブ/デイープマジェンタ。オーラソーマの色としてディープオリーブが初めて誕生しました。ここではすでにボトルの内なる深みから「高次の世界からの愛」によって、「癒され」つつあります。オリーブの色調は、女性性の直感と体験と、希望が私たちを未来へと前進していくように導く可能性を深めます。意識的なマインド(イエロー)には、とても大きな恐怖が隠されています。そして今、その恐怖を自分自身のスペース(グリーン)へと向けていく必要があります。これらの恐怖が解消されると、すばらしい喜びの可能性が待ち受けています。

ボトルの下部のデイープマジェンタは、今私たちは、自分自身の内なる深みの中で、高次の世界からの愛を信頼することが必要だということをあらわしています。ある意味でそれはかつてなかったものかもしれません。私たちはこれまでの安定性をくつがえされて、ショックを受け(下の部分のデイープマジェンタの中にはレッドが秘められています)、私たちは今ふたたび新たにものごとを見つめる機会を手にしています。それは、再び小さなことに愛を注ぎながら見つめ直し、瞬間瞬間私たちがしていることに慈しみをもたらす機会です。その慈しみはより意識的な氣づき、とも言うことができます。

私たちの内側にある争いの根を根こそぎにするためには、努力したり無理強いしたり、抵抗することによってではありません。そうではなく、本当の安らぎ(秘められたブルー)、すでに未来にある希望(オリーブ)となることです。これはまさに、聖霊のハトが、ノアへ渡したオリーブの枝を象徴してはいないでしょうか。虹が現れれば新しい世界が生まれるのを知って、待っていたのです。そしてそこには必ず、より意識的な未来への可能性があることを確信させてくれます。

ディープオリーブの側面の一つとして、個人的なレベルでの表現ができない愛、戦争へ向かい二度と戻らなかった人への愛があります。深い慈しみが表現できなかったので、喪失感が解消されずに残っています。明らかに、このボトルの内側には多くのレベルでの両極性や矛盾があります。オリーブ/マジェンタという色さえも色環にいては対極に位置しています。ボトルには
古代のタオの色、グリーン/レッドが含まれていて、存在の中にある対極性を現しています。
一つに統合した見解を、強制的にではなく創造するためには、自らの内側にある両極性を完全に統合する必要があるともいえるでしょう。

おそらく通常私たちは、このことについてはコーラルを連想するでしょう。しかしここで、ディープオリーブ/デイープマジェンタで、別の側面が現れていきます。ここで考えているのは、私たちが最も恐れるものとは何かということです。とりわけハートから恐れるものについてです。恐れがあるところには、愛の余地はありません。もし私たちが怖れを超えてゆくことが出来れば、
私たちは、世界を愛の文脈の中で再び創りあげていくことができます。これはすばらしい秩序です。私たちが理解すべきことをすべて理解したわけではないのに、どうやって私たちはエデンの園に帰ることができるでしょうか。

目隠しをした賢者たちが、手で触れたものが何であるかをたずねられた話を想い出してください。全ての人々の印象がひとつにまとまった時初めて、触れていた物が象だとわかったのです。象はマインドの象徴です。だんだんと私たちが自分に働きかけていくにつれて、マインドは浄化されはじめます。そして自らの内側と外側に映し出された現実を明確に見始めるのです。

Mike Booth

IRISブログ facebook ページ先頭へ戻る